大門の歴史

大門ってどんなところ?




大門

明治40年の大火以降、函館随一の色町として繁栄を極めた「大森遊郭」。
その入り口に巨大な門がそびえていました。
これが「大門」(だいもん)
昭和9年の大火で焼け落ちて再建されることはありませんでした。
しかし、「大門」はその後も若松町・松風町一帯、電停の名前や、駅前から松風町方面に続く函館の中心街区の名称として生き続けてきました。

横丁

この駅前・大門地区の主な道路にはそれぞれに名前がついています。
音羽通、柳小路、高砂通、大門仲通、京極通、広小路、菊水小路、祇園小路、浅草小路などそれらの通りや小路を結ぶさらに狭い通路(小路)が10数本もあって、その両側には多数の小さな居酒屋、バー、カフェが軒を接していました。

「ひかりの屋台」

高砂通りと大門仲通を2つの小路で連結します。
名づけて、大門「横丁」。
ここに出来る新しい2つの小路にはまだ名前がありません。
どなたかいい名前を考えて!いただきたいもの。

昭和30年代

昭和30年代まで続いたこの地区の繁栄も、
北洋漁業の衰退や郊外への大規模店舗の進出に押されて
商店・飲食店の転業・廃業が相次ぎ、次第に空き地・空き店舗が目立つようになりました。

最近

最近になってこの地域にも新しい動きが出てきました。
JR駅の新装オープン、駅前広場の再整備、朝市どんぶり横丁、クイーンズポートのオープン、そしてシネコンや大型パチンコ店・ビジネスホテルの進出。さらに若者向けのショップや新感覚の飲食店の出店が目立ってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on GREE

大門横丁 函館 ひかりの屋台

住所:北海道函館市松風町7-5

株式会社はこだてティーエムオー

〒040-0063 北海道函館市若松町18-1
TEL 0138-24-0033 / FAX 0138-24-0022
http://www.hakodate-tmo.com/