総合案内

かつて青函連絡船や北洋漁業とともに栄えた駅前・大門地区の商店・飲食店街。
その再生への大きな期待を背に「大門横丁」が力強く踏み出します。

函館ひかりの屋台 大門横丁 夕暮れの全景写真

函館駅前・大門地区はJR函館駅新駅舎の建設、駅前広場の再整備、はこだてグリーンプラザの再整備がなされ、シネマコンプレックスの出店やホテルの 新設、高齢者向けケア付きマンションなどの街なか居住の促進など、街の再生に向けた動きが始まりました。若者向けのブティックやショップ、そして新感覚の 居酒屋などの新規開店も最近目立ってきました。

こうした動きをさらに力強いものとするべく、この街の活性化に長らく携わってきた第三セクター「はこだてティーエムオー」が中心となり、商店街の有志の協力も取り付けて、新しい「賑わい」の中核つくりを始めることになりました。

昨年末から始まった出店者募集に応え、最終的に決まった26店は経験・年齢・出身も多種多様(函館市外からの出店者も6名)ですが、それぞれに高い心意気とあふれる情熱をもって新しい店作りにがんばっています。

既に営業中の主な屋台村(帯広、小樽、八戸、宇都宮、青森=以上全国屋台村協議会会員)に比して最後発ながら、「大門横丁」は規模は最大。
なによりも観光都市函館の駅前という好立地を存分に活かし、30万市民、周辺町村から、そして函館を訪れる500万人の観光客のみなさんにも、ともにくつろぎ、楽しさの記憶を刻む「場」をつくっていきます。

「まちの楽しみ」「まちの賑わい」を再発見し、函館の豊富な食材を活かし、多彩な料理技術の腕を存分に。そうした「食のコミュニティ」の創造を目指します。

古い街のもつセピア色の「場所の記憶」に新しい感覚のスタイルとテイスト。
それらのミックスが織り上げる新しい魅力づくりに皆さんも是非立ち会ってください。

番組の収録などにも積極的にご協力いたしますので是非お使い下さい。 
宿泊施設向けなど大門横丁共通お食事券の提携販売も承っております。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on GREE

大門横丁 函館 ひかりの屋台

住所:北海道函館市松風町7

株式会社はこだてティーエムオー

〒040-0063 北海道函館市若松町18-1
TEL 0138-24-0033 / FAX 0138-24-0022
http://www.hakodate-tmo.com/